自動車保険 法人契約 ネット!選び方のポイント

自動車保険 法人契約 ネット!選び方のポイント

自動車保険 法人契約 ネット!選び方のポイント

2024/5/21修正して更新

本ページはプロモーションが含まれています

 

法人契約自動車保険は、下記の加入名義が法人名でなければ契約できません。

 

契約者 保険の加入者
記名被保険者 最も車を運転する人
車両所有者 車検証に記載のある所有者名(または使用者名)

 

自動車保険は、記名被保険者によって補償範囲が変わります。

 

記名被保険者 契約内容 補償範囲
個人名 個人契約 個人補償、特約で配偶者・家族などの補償範囲が決定
会社名 法人契約 補償範囲は契約会社の従業員まで含まれる

 

法人契約自動車保険のメリット

 

フリート契約とノンフリート契約の割引率

 

フリート契約 ノンフリート契約 ミニノンフリート契約
契約台数 10台以上 9台以下 2〜8台以下
割引率 保険契約者単位 自動車1台単位 自動車1台単位

 

フリート契約のメリットとデメリット

 

フリート契約のメリットは、保険契約者単位で保険料が計算されるため、ノンフリート契約よりも保険料が割安となる点。

 

等級割引率が最大70%〜80%という保険会社もあります。

 

さらに、後で契約車両を追加しても他の車両と同じ割引率が適用されます。

 

デメリットは、契約車両の1台が事故を起こし、高額な保険金を支払うと次年の保険料が高額になることです。

 

ノンフリート契約のメリットとデメリット

 

保険料割引率は自動車1台単位となり、事故で高額な保険金を支払っても、他の車の保険料が高額になることはありません

 

但し、フリート契約より割引率が低くなり、個人で入る自動車保険より割引率は高くなります

 

ミニノンフリート契約のメリットとデメリット

 

保険会社の中には、全てではないですがミニノンフリート契約が存在します。

 

1枚の保険証券で複数の車を一括保険契約、ノンフリート契約の割引率を適用した自動車保険となります。

 

2〜8台の車を所有し、保険料の節約と手間を軽減したい時に、検討するべき法人契約自動車保険です。

 

法人契約自動車保険の支払方法と節税効果

.
法人契約自動車保険は、会社の必要経費として認められているため節税効果があります。

 

また、法人契約自動車保険会社によっては、クレジットカード(法人名義・事業決済用など)払いが可能な場合があります。

 

クレジットカード払いの場合、分割支払が出来ることもあり、法人契約自動車保険は高額になるためチェックすべきメリットがあります。

 

そのため、「法人名義カードの所有・加入したい保険会社がカード支払を認めているか」を確認する必要があります。

 

法人契約自動車保険 特約の選び方

 

法人契約自動車保険には、個人契約にない特約があります。

 

会社によっては、必要な特約もある可能性があるため記載しておきます。

 

特約名 補償内容 加入可能な業種
企業・団体見舞費用特約 事故の相手に支払う見舞金・葬儀参列等の交通費・宿泊費を補償 全業種
搭乗者傷害事業主費用特約 役員・従業員が死亡、後遺障害時に事業主が負担する費用補償 全業種
臨時代替自動車特約 契約車両を整備・修理・点検時に借りた代替車を契約車両と同じ補償にする特約 全業種
安全運転教育費用特約 対人・対物賠償事故を起こした従業員などの安全運転教育費用を会社が負担した時の費用補償 全業種
リースカーの車両費用特約 リースカーの盗難・事故時にリースカーの借主の損害補償(修理費やリース契約中途解約費用) 全業種
法人他車運転特約 従業員が取引先から借りた車を運転している事故に対し対人・対物賠償保険などの補償 全業種
事業用積載動産特約 積載した商品・什器・備品などの損害補償 運送業・運輸業
休車費用特約 事故で契約した自動車が修理などで使用できない期間の休車損害に対しての補償 運送業・運輸業

受託貨物賠償責任特約

契約中の車両に積載した受託貨物が、輸送中に事故・火災などで損害を受けた場合の補償、荷主に対し損害賠償責任を負担する場合の補償

運送業・運輸業

 

*上記の特約は、保険会社によって特約の有無と名称が違う場合があります。

 

法人契約自動車保険の選び方

 

法人自動車保険の代理店型・通販型(ネット)は、少数の保険会社しか取扱っていないため、一部の保険会社に限られます。

 

見積もりする場合は法人契約の特性上、通販型(ネット)でも電話などで直接担当者と確認しながら進めることになります。

 

特に特約については、保険会社によって加入可能な特約が限られているため、しっかり確認するべきです。

 

法人契約自動車保険の選び方の基本は、保有台数・車のタイプで検討すると、どこの保険会社に入れるのか決まってしまうため選び方の基本となるでしょう。

 

 

法人自動車保険はフリート契約の場合、従業員全体を対象とする事故リスク低減コンサルティングサービスも提供しています。

 

サービス内容は保険会社により違いがあるため、一括見積もりサービスを利用し、各保険会社が提供するコンサルティングサービスをチェックすると良いかもしれません。

 

PR ETC協同組合

 

見積もり保険会社

損保ジャパン日本興亜

9台以下の見積り×
見積り可能エリア

全国

簡単見積り方法

@見積りフォームに必要事項入力送信(急ぐ場合は「急ぎ対応希望をチェック」)

 

A保険証券をFAX又はスマホ・PCで送信

 

B保険会社からメール又は電話連絡

 

車が10台を超えたらフリート契約

 

 

 

PR 保険スクエアbang!自動車保険・法人

 

見積もり保険会社9社

AIG損保/共栄火災/セコム損保/損保ジャパン/東京海上/日新火災/あいおい/三井住友/楽天損保

 

複数台割引あり

法人名義で加入する車が9台以下は「ノンフリート多数割引」10台以上なら「フリート契約」適用

 

見積り可能エリア

東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨/愛知/岐阜/滋賀/三重/奈良/和歌山/大阪/京都/兵庫/宮城/静岡/徳島/香川/愛媛/高知/福岡/佐賀/長崎

 

 

簡単見積り方法

@車検証・保険証券(現在保険加入中の場合のみ)用意

 

A必要事項入力し一括見積もり依頼

 

B保険会社からメール又は電話連絡

 

【保険スクエアbang! 自動車保険(法人)】

 

 

市区町村検索OK⇒最安車検料金早わかり

 

最安値は!車検費用比較

 

駐車場予約⇒空港・スタジアム・観光スポット・駅近

 

全国検索OK!予約できる駐車場

 

愛車!無料査定

 

約28万台買取のガリバー

 

新古車・未使用車の価格検索OK

 

新古車・未使用車の価格検索OK